今年度 (2017年度) のセミナーについて

開催日時・場所
 開催日時: 8/20 (日) - 26 (土)
 開催場所: ヴィラ千ヶ滝 (山梨県清里高原)

費用
 宿泊料及び指導料・テキスト代: 無料
 交通費: 財団が定める下記の運賃のみ支給します。なお、特急料金等は自己負担となります。
      500km未満 自己負担
      500km以上1000km未満 主要駅から清里駅まで片道運賃
      1000km以上は主要駅から清里駅まで往復運賃(往復割引運賃適用)
参加者の交通費以外の負担はありません。

応募資格
 高校生以下であり, 数学を学ぶこと・他の参加者との交流に意欲的な方.
 今年の日本数学オリンピック春合宿招待者とEGMO代表, あるいは高校 2 年生以下の方に限ります.
また原則、途中参加及び部分参加は認めません

応募方法
 今年 (2017年) の日本数学オリンピック春合宿参加者およびEGMO候補者には 6 月初め頃にこちらから封書を送るので, それに参加するか否かを書いて返送してください (参加を希望された方は必ず参加できます).

 その他の方は, 以下のどちらかの方法で応募してください. (1) と (2) の両方を送ってもらっても結構です.

(1) 自分が数学に関して研究したことを論文にして送る.
 研究, 論文というと「自分には書けない」と思う人もいると思いますが, 大げさなものではなく, つまりは自分が数学に関して考えたことをまとめたものということです.
 きっちりとした形で書かれていなくても構いませんが, 章分けをするなど, 読みやすくなるように各自で工夫をして下さい.
 A4の用紙を使用し, 片面だけに書いて下さい. 分量・本数に関しては制限はありません.
 ある定理を拡張してみた, とか別証明を考えてみたというのももちろん OK です. ただし, 本の写しなどではなく, オリジナルのものに限ります.

(2) いままで読んだ数学関係の本で, 印象に残ったこと・興味を持ったことをレポートにして送る.
 こちらは A4 用紙片面 5 枚以内に収めてください.
 内容に関しては, ただの読書感想文ではなくその本の数学的内容に具体的に触れたものにしてください(その上で全体の感想を述べることは全く構いません). 本は専門書である必要はありませんし, 1 つのレポートに複数冊の本に関して書いても構いません. ただし, 1 人で 2 つ以上のレポートを書くことはやめてください.

応募受付開始は 6/1, 締め切りは 6/30 (必着) とします.

応募人数が定員を上回った場合, 提出された論文・レポートの内容を参考にして選抜を行います. 定員は, 春合宿参加者・EGMO日本代表者の希望者を含め 30 名程度となる予定です.

論文・レポートには住所・氏名・学校名・学年・性別を明記して,

 〒160−0022 東京都新宿区新宿7-26-37-2D
 数学オリンピック財団

宛てに郵送してください. 教えてもよいという方はメールアドレスも書いていただけると助かります.

なお, 提出された論文の返却はできないので, 必要であれば手元にコピーを残すなどしてください.

また, 差し支えなければ, 「どこで, どのように, このセミナーを知ったか」についても答えていただけると幸いです (これは選考には影響しません).


今年度のセミナーで扱う本は以下の9冊です. 本の紹介はこちらです.

お問い合わせは実行委員会へお願いします.